| Japanese | English | Farm | 検索 | ログイン

SMILE-II

SMILE-II

2006年に放球されたSMILE-Iによって、
電子飛跡検出型コンプトンカメラ(ETCC)の雑音除去能力の有効性が証明されましたが、
SMILE-Iではガンマ線天体の撮像には至っていません。
いかなる波長帯においても天体観測では画像の取得がデータ品質の向上に必須です。
従って、ガンマ線で明るい天体を実際に撮像観測し、
ETCCがガンマ線天体探査に適していることを証明するための気球実験(SMILE-II)を計画しています。

SMILE-II検出器

IMG_2022.JPGSMILE-II検出器は30×30×30 cm3のガス飛跡検出器と
それを取り囲むように配置されたGSOピクセルシンチレータアレイで構成されています。
SMILE-IIのガス検出器は、体積が大きくなっただけではなく、
小型化・省電力化を図って読み出し回路を刷新し、
データ収集システムの大幅な設計変更を行うことで、高計数率にも耐えられるようになっています。
また、システム刷新で新たに測定できるようになった信号の持続時間(Time-over-threshold, TOT)
を用いることで、より詳細な電子飛跡が得られるようになりました。
SMILE-II ETCCの有効面積は300 keVのガンマ線に対して約1 cm2を達成しており、
角度分解能も662 keVで約6°以下となっています。
さらに、SMILE-I以上の広視野が確保できました。

現在、詳細な性能評価を進めると共に、
撮像能力や雑音除去能力・偏光検出能力の検証を、地上実験にて行っています。

発表論文等