CFITSIOの簡単なメモ

コマンド簡単解説

以下の説明では、CFITSIO User's Reference Guideに従って、関数の引数で ">" の場所以前は入力、以降は出力を表している。
例えば
   function(a, b, >c, d)
だと、a, b が入力で、c, dが出力。

各データ型に対し、それぞれ関数が用意されている場合がある。例えばfits_write_key_lngとfits_write_key_dblとか。関数の最後とデータ型の対応は以下の通り。

_bit bit
_byt unsigned byte (8bit)
_sbyt signed byte
_sht short integer (僕のPCでは16bit)
_lng long integer (僕のPCでは32bit)
_lnglng 8-byte LONGLONG integer
_usht unsigned short integer
_ulng unsigned long integer
_uint unsigned int integer
_int int integer (機種依存。だいたい32bitだが、たまに16bit。僕のPCでは32bit)
_flt 浮動小数点表示のfloat (僕のPCでは32bit) 例: 1.23456789e3
_fixflt 固定小数点表示のfloat 例: 1234.56789
_dbl 浮動小数点表示のdouble(僕のPCでは64bit)
_fixdbl 固定小数点表示のdouble
_cmp 複素数 (float のペア)
_fixcmp 固定小数点表示の複素数
_dblcmp 倍精度複素数 (doubleのペア)
_fixdblcmp 固定小数点表示の倍精度複素数
_log 論理値
_str 文字列